入園・進級おめでとうございます。

「入園おめでとうございます」「進級おめでとうございます」と、直接お話しすることが出来ない春です。
戸惑いながらも、皆が新しい日常・暮らしを模索しています。それ以上の困難に直面している方もいらっしゃると思います。
そんな状況下でも、子どもたちは、日々成長しようと、いや、しなければいけない大切な時を過ごしています。
豊かな未来に向けた準備期間である幼稚園時代。子ども達の育ちのお手伝いが出来ずに、大変もどかしく感じながらも、登園の日からうまくスタートできるように準備しています。
さて、始園・入園式でお話ししたかったことを少し。
『色々な事を沢山経験させ、興味を持ち発見・探究し、失敗してもまた工夫して挑戦できる。回りの仲間たちと一緒にできる子ども達に育って欲しい。そのために、皆で、育てあい、育ちあって行きましょう』ということでした。
特別な出来事でなくても、‘日常で発見・探究できること’は、たくさんあります。日々、ストレスが高くなりがちと思いますが、是非、些細な日常から今しかできない発見をし、ご家族で楽しめる貴重な時に変えていただけたらと願っています。
お掃除の手伝い(あれ、埃って何で出来てるの?)、お料理の手伝い(レタスをちぎろう)、お散歩(葉っぱの形面白い。赤色見つけた。)等々。

担任を始め、職員一同、皆さんにお会いできる日を心待ちにしています。