おざさ幼稚園(小笹幼稚園)−子どもの自立を目指す保育<H29年度新園舎完成>

教育方針

  • HOME »
  • 教育方針

■■■ 創園から変わらない想い ■■■

創園の昭和31年から、変わっていく時代の流れの中でも、自分や回りの人を大切にし皆と力を合わせてやり抜く子どもに一人ひとりが育っていくよう、必要な力をバランスよく発揮出来る基礎をつくる教育を行い、’健全な身体と創造力あふれる子ども’を園と保護者で育てていきたい。多々面的な「保育の質」をどうすれば高めて行くことが出来るかを考え見直し続けています

P-1

kodomonojiritsu

 

心とからだの成長、友達・グループ・クラスの中での成長を学年ごとに目標を持って保育を行います

gakunennmokuhyou

■■■ 四季の移り変わり、自然を感じる保育 ■■■

ー感じる、遊ぶ、発見する、冒険する、作る、育てる、食べるー

20140619kyu1筍掘り、さくらんぼ、びわ、梅、栗、・・四季の自然の恵みの中で、坂道やどろんこと、環境を生かした遊びを経験しながら育つように配慮して、カリキュラムを作っています。

■■■ 成長に合わせ系統立ったあそび ■■■

一つ一つの遊びは各年齢に引き継がれていきます。自然物を育てる、情緒を育む絵画、音楽、お話、伝統遊び等様々な経験の中で、無理なく子どものやる気を引き出し、その中でこどもは自信を付け、更に新しいことに挑戦していきます。※体と脳の発達も密接な関係があります。例えば指先使いも段階を踏んで成長を促します。

keitouasobiR0016270aR0016253aR0016231a20140908d

■■■ 自分のことが当たり前にできるように ■■■

自分の身の回りのことができる。集団生活の中で必要なルールを守れる。皆と協力すること、自分の意見を言える。小学校からいよいよ学習の段階になっていきます。それまでに必要な基礎となる生きる力をバランスよく育むことがとても大切だと考えます。少々の逆境には、自分の力で立ち向かうことができる、当たり前の心と体の準備を保護者の皆さんと連携して育てて行きましょう。

■■■ コミュニケーションをとても大切に考えます ■■■

<日々の一言会話>   ちょっと気になったことでも共有することが大切です

<学期ごとの懇談会>  学年や個人面談で、子どもの成長、悩みを共有、話し合います。

<たまには家庭訪問>  ご家庭での姿を知り、じっくり話し合う貴重な時間です

<困った時は相談>   いつでも先生に相談してください。別途時間を取って話し合います。

<日々の姿を少しでも> 行事へ参加・協力だけでなく、月報やブログで日常の様子をお伝えします。

お問合せ・連絡先 TEL 092−531−3374

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © おざさ幼稚園(小笹幼稚園) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.