微笑ましい年少さん、成長した年中さん、さすがの年長さん 。それぞれ自分たちの物語に沿った保育を続けて日々楽しんで来ました。そして、本番が一番輝いていました。